金は大事な絆

いいね
いいね 好き すごい

私達は2017年9月に入籍したのですが、結婚を機に私は夫の扶養に入れて貰うことになっておりました。

私は入籍前の数ヶ月間は何も仕事をしていなかったので、国民健康保険に加入しており、毎月の保険料を区に納めておりました。

そのため私は少しでも早く扶養手続きをして欲しく夫に何度も頼んでいたのですが、仕事が忙しいのか面倒臭いのかいつまで経っても夫はのらりくらり。

10月も終わりに近付いた頃、ようやく夫は会社から扶養手続き関係書類を持ち帰ってきました。

早速1日で書類を揃え夫へ託しましたが、あと2日もすれば11月に入るタイミングでしたのでもう間に合わないと悟った私は、

私「10月付で扶養に入るのはもう無理だろうから、そうなったら10月分の国民健康保険料の支払いは宜しくね。手続きが遅れたのはそっちのせいだから。」

とお願いしたところ、

夫「遡って加入日を10月にして貰うから大丈夫!」

と夫は高をくくっておりました。

その後受け取った私の社会保険証には、加入日が11月6日と明記されていました。

私「これじゃあ10月分の国民健康保険料は支払わないといけないから、約束通り10月分の国民健康保険料を頂戴!」

と請求したところ、

夫「うちの会社の人事に確認したら、払わなくて良いはずって言ってるから大丈夫なはずなんだけど!そのまま国民健康保険の方は請求無視しとけばいいだけだろ!お前はバカか!」

とものすごい勢いで怒鳴られてしまいました。

自分で仕組みを調べもせず、人事の言うことを鵜呑みにしている夫に対して“バカはどっちだよ!”と思いましたが、こっちも喧嘩腰になると払ってもらえなくなることは容易に想像出来たので、私は冷静になって仕組みを説明し他のですが、夫は聞く耳を持たず・・。

全く話にならなかった上に一方的にバカ呼ばりされ、本当に憤りを感じました。

その数日後、私は自腹を切るつもりで区役所に国民健康保険の脱退手続きに向かいました。すると10月分どころか11月分まで支払う必要があるとのことで、結局2ヶ月分を自腹を切って支払う羽目になってしまいました。そもそも扶養手続きが遅れたのは夫の責任である上に、私の話を聞かず、一方的にバカ呼ばりされ、挙句の果てに現在無収入の私に支払いをさせた夫に心底呆れました。

その後1ヶ月以上は夫はムスッとしており会話も交しませんでした。

まだ結婚して半年ですが、特に金銭面で話し合いが出来ない人だなと感じることが多く、この先もこんな調子なら離婚も視野に入れています。
女性34歳  結婚1年

評価してください

13 ポイント
高評価 低評価

評価数: 3

高評価: 3

高評価率: 100.000000%

低評価: 0

低評価率: 0.000000%

この投稿は簡単なツールで作成されました あなたも投稿しませんか

いいね
いいね 好き すごい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント送信前にreCAPTCHAをクリックしてください 日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)