どうでも良いことで別れを考えます

いいね
いいね 好き すごい

付き合った当初は、手料理を作ると何でも褒めてくれた。

でも、今は手料理に文句を言ってくることがある。

夫「お味噌汁がちょっと薄い」

嫁「ごめんね、もう少し濃くしてみるね」

夫「それから味噌汁に大根を入れて欲しくない」

嫁「え?前は好きだって言ったよね」

夫「汁ものに水っぽいものを入れてほしくないんだ」

嫁「わかったよ」

翌日にお味噌汁を濃くして、大根を入れないようにした。

前日に溶き卵が残っていたので、味噌汁に入れてみた。

夫「味噌汁に卵は合わない、やめてほしい」

嫁「文句が多い人だなぁ。もう自分で作れば?」

夫「料理は女が作るものだ」

嫁「古い価値観だな。それなら人の作った料理に文句言わないでほしい」
「少しは感謝してよ」

夫「元カノならもっと美味しい料理を作れたよ」

嫁「元カノの話?それなら別れなければ良かったじゃない」

夫「元カノには突然新しい男が出来たんだ。
以前もそう言ったろ?」

嫁「そんなこと初めて聞いたし。今さら元カノの話をするなんて面倒だよ」

夫「元カノなら美味しい料理を作ってくれた。
別れなければ良かった」

嫁「振られたんでしょ。それなら仕方ないじゃない」

夫「そうだ、元カノのことは恨んでいるけれど、たまに思い出す」

嫁「それは思い出が美化されているからだよ。きっともう元カノさんは別の人と結婚してる」

夫「振られたけれど、なんとなく俺の女って気がしちゃうんだ」

嫁「男ってバカだよね、いつまで思い出を美化しているの?
もう元カノさんはあなたのことは忘れたに決まってるじゃない」

夫「まぁ、そうだな。俺にはお前がいるし」

嫁「そうよ、いつまでも元カノ、元カノって言わないでよね」

夫「そうだな、ごめん」

結婚したのに、いつまでも元カノとか言ってるなんて、本当に面倒な人だなと感じた。

くだらない喧嘩になると、ついそれなら元カノと付き合えば?って言いたくなる。

思い出だからって美化して、本当に大事にしなければならない家族のことを忘れるなんて許せない。

夫から感謝されていないと、どうでも良いことで離婚したいと思う。

こんな気持ち誰にも理解してもらえない。

それにしても、夫は新婚当初と態度が変わったので本当に嫌だ。

あの時は、もっと優しくしてくれたし、素敵な言葉を言ってくれていた。

元カノの話なんて聞いたことないし、今さら聞きたくもない。

私が元カレの話をしたら、きっと夫は怒るくせに。

なんだか、男って女々しいと思う。

元カノなんて、うまくいかなかったくせに。

女性・32歳・秘密

評価してください

12 ポイント
高評価 低評価

評価数: 4

高評価: 3

高評価率: 75.000000%

低評価: 1

低評価率: 25.000000%

いいね
いいね 好き すごい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント送信前にreCAPTCHAをクリックしてください 日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)