なんでも親任せなダメダメ夫

いいね
いいね 好き すごい

私の主人は大学生の時も社会人になってからも実家に住んでおり、生活費も実家に入れないような人間です。
親に頼りっぱなしで生きてきたのだと思います。

一方私は大学時代から親元を離れて金銭的には自立した生活をしていました。そんな二人が結婚したら、喧嘩をしないはずがありません。
結婚当初私の出産と主人の転勤が重なり、私は里帰り出産をしていたため主人とは半年離れて生活していました。

いざ娘の里帰り出産を終え転勤先に引っ越したときのことです。
おせっかいにも、お義父さんとお義母さんが手伝いに新居へとやってきました。
すると家具だけではなくお皿一枚一枚すべてお義母さんの趣味でそろえてありました。
全てしてあげないといけないと思っているのかは知りませんがやりすぎにもほどがあります。
当然私は主人に不満爆発でした。「どうして自分たちが暮らす家なのに、自分たちで好きなようにできないの?私キャラクターものの食器嫌いなんだけど!」と主人に伝えても、「でも買ってもらったんだし、お金浮いたからよかったじゃん」とのことでした。私からしたらお金のことなど困っていませんでした。それに落ち着かないほどキャラクターに囲まれた部屋で息が詰まりそうになりました。
お義母さんたちが帰った後、私は大量に買いそろえられたキャラクターの食器やセンスの悪い柄物ののカーテンを全て捨てました。
すると今度は主人が大爆発しました。「なんで?お前何やってるかわかってるんか?ふざけんな。金返せ!」と言われたので、私も言い返すより腹が煮えくりかえりすぎてその足で銀行に行き30万渡しました。
「センスの悪いお皿や家具代と、お義父さんお義母さんの飛行機代です」と一言添え封筒を渡しました。主人はびっくりしたような顔をしていましたがこっちも引き下がるわけにはいかなかったので、無理やり泣きながらその封筒を押し付けました。結局その時は3日間ほぼ会話もなく私はロボットになったかのように主人の弁当を作ったり掃除洗濯をこなしたりしていました。

ほとぼりもようやく覚めた時、今度は結婚式をすることになりました。
妊娠してからの結婚だったので娘を出産してから式を挙げると前から決めていたので、私は娘とおそろいの衣装を着ようと楽しみにしていました。
するとまたお義母さんから連絡が入り娘の衣装は私が買っておいたからとのことでした。本当にセンスの悪いピンク色のドレスを見たときほんとに涙が止まりませんでした。しかも義実家の家族の前でお義母さんから「ありがとうは?可愛いドレスありがとうございましたは言えないの?」と家族のいる前で言われました。
私は表情が固まりありがとうございますと一言言って部屋で泣いていました。そんな様子に気付いた主人が部屋に入って「大丈夫?体調悪いの?」と声をかけてきたので再び大爆発しました。「なんでもかんでもセンスの悪いもんいらんわ!金も要らんからなんもするなって親に言ってよ!私娘とおそろいでドレス着るの本当に楽しみにしていたんだよ?それがあんな汚いピンク色のドレスなんて!に似合わないから返却して!」と泣きながら伝えたのに、主人は主人で親に頭が上がらないのでしょう、「でももう買ってもらったんだから着させようよ!赤ちゃんなんだからどんなドレス着ても似合わないよ!」と言ってきたのです。もう限界でした。

主人からしたら当たり前のことかもしれません。でも私からしたら価値観が違いすぎてしんどいのです。これからもこんな日々が続くと思うと本当に嫌ですが、誰よりも私の結婚を喜んでくれた両親のことを思うと実家に帰るわけにもいかないし、ましてや離婚なんて口にできません。とりあえず子どもが大きくなるまでは耐えるのみだと心に何度も言い聞かせている日々です。
[女性、25歳、結婚2年]
*この記事は有志の方によるものです。

写真:PHOTO AC(photo-ac.com)

評価してください

11 ポイント
高評価 低評価

評価数: 1

高評価: 1

高評価率: 100.000000%

低評価: 0

低評価率: 0.000000%

いいね
いいね 好き すごい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント送信前にreCAPTCHAをクリックしてください 日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)